« 一度気付けば 疑問が一杯 | トップページ | 薄暗がりに 黒い翅 »

星ではなくて 斑模様

ジュウニマダラテントウ 亜熱帯に属するという沖縄県。それを象徴する自然の一つはマント群落かも知れません。道路脇の藪などに蔓性植物が繁茂して,当にジャングル状態になっています。この場所も,凄いことになっていたのですが,殆どの葉には大きな穴が開いています。そこで,ゆっくり葉裏を探すことになるのですが,そうして見つけたのがこの虫,テントウムシの仲間ですね。

お馴染みのナナホシテントウなどに比べると,鞘翅の表面に細かい毛があって艶がないのが特徴的。これは,ジュウニマダラテントウ。ウリ類を食害するそうですから,きっとこの場所は,エサに囲まれた素晴らしいところなのでしょう。

2007/07/08 南城市知念・志喜屋

|

« 一度気付けば 疑問が一杯 | トップページ | 薄暗がりに 黒い翅 »

01_昆虫」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15903376

この記事へのトラックバック一覧です: 星ではなくて 斑模様:

» 見合って 見合って 再び [SeaStar's Photolog]
この日は,淡水産のエビ・カニ類を求めて本島南部巡り。知人に観察ポイントを教えてもらいながらのフィールドワークです。とはいっても,どこも,これまで訪れたことのある [続きを読む]

受信: 2012.08.21 00:14

» 黒斑十二 +1 [SeaStar's Photolog]
海岸近くの植栽で生き物探し。あれっ!?っと驚くものに出会いました。 この虫はジュウニマダラテントウ。同じ南城市志喜屋で200年7月,2012年8月と観察している [続きを読む]

受信: 2015.08.11 17:12

« 一度気付けば 疑問が一杯 | トップページ | 薄暗がりに 黒い翅 »