« とにかく デカイ | トップページ | そんなに派手ではないけれど »

これでも デカイ

ヨツモンカメノコハムシ
この場所での自然観察は,草刈などで管理された道路沿いからほとんど人手の入らない崖沿いの林まで数十mの間で変化していくのが魅力の一つ。

崖に近づくと,マント群落を作る蔓植物の葉にたくさんの穴が開いていました。何か食害している虫がいるはずと,葉を返したり下から覗いたり,ようやく見つけたのがこの一匹です。

この虫は,ヨツモンカメノコハムシ。サツマイモ類の葉を食害するそうです。和名は鞘翅の縁に4箇所で接する黒斑から付けられたのでしょう。コガタカメノコハムシとよく似ていますが,ずっと大きいのです。何でもこの類で国内最大になる種だとか。タテスジヒメジンガサハムシに比べると,倍近くにも感じられます。この大きさのためもあって,体表の彫刻のようすをうまく撮影できたと思います。

2007/06/16 南城市知念・志喜屋

|

« とにかく デカイ | トップページ | そんなに派手ではないけれど »

01_昆虫」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15751903

この記事へのトラックバック一覧です: これでも デカイ:

» まばらに 住んでる? [SeaStar's Photolog]
陸貝の観察と撮影を終えて,公園内の遊歩道をウロウロ。他の被写体を探します。ちびっ子用の遊具が整備されたエリアもじっくり観察。境界の柵に蔓延るマント群落をよく見て [続きを読む]

受信: 2017.05.17 21:57

« とにかく デカイ | トップページ | そんなに派手ではないけれど »