« 経験不足の現われか | トップページ | これでも デカイ »

とにかく デカイ

メスアカオオムシヒキの雄
この場所での自然観察は,崖下の湧泉から道沿いに茂みを覗き,やがて崖上の畑へと出てくるコース。その終点付近畑の周りの藪で見かけたのがこの虫です。ブ~ンと飛んできた羽音で気付いたのですが,驚いたのはその大きさ。随分離れたところにとまったのに,ハッキリと特徴が見て取れます。シオヤアブアオメアブにしては大きすぎるし,体型もちょっとスマート。もしや,あの種では,と思いながら,最大望遠で撮影してみました。

この種は,恐らくメスアカオオムシヒキの雄だと考えられます。こちらのサイトに交尾の様子が掲載されています。腹部の色がちがう気もしますが,口吻や脚の先端の形態と色彩がよく似ています。この仲間では日本最大の種類だということです。

2007/06/16 南城市知念・志喜屋

|

« 経験不足の現われか | トップページ | これでも デカイ »

01_昆虫」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15731585

この記事へのトラックバック一覧です: とにかく デカイ:

« 経験不足の現われか | トップページ | これでも デカイ »