« これは見分けやすい | トップページ | 翅が ボロボロ »

腹でも判る

ヤマトアシナガバチ
山原まで自然観察に出掛けてきたこの日は,とにかく暑かった。まぁ,7月も下旬になったのですから,暑さと陽射しが一番キビシイ時期だとも言えます。昼食を取った頃には,ずいぶんバテ気味だったのですが,それでも被写体を見つけると,とりあえずシャッター切りまくり,です。

この一枚もそうして撮影したもの。今から考えれば,どうして頭が見えるように撮らなかったのか,不思議ですが,きっと回り込む余裕がなかったのでしょう。実際,3カットしか撮影できていませんし。

ハチの方も,余程集中していたと見えて,かなりレンズを近付けても気にする様子が見られませんでした。このポーズは,水たまりに顔を突っ込んで盛んに飲んでいるところ。きっと巣に持ち帰って,打ち水するのでしょう。このハチは,ヤマトアシナガバチ。腹部の斑紋パターンから同定してしまいました。胸部が見えていれば,もっと確かなのですが。

2007/07/21 東村慶佐次

|

« これは見分けやすい | トップページ | 翅が ボロボロ »

01_昆虫」カテゴリの記事

33_国頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは!
 沖縄石の会のstone-circleです。
 先日は、天候に恵まれ過ぎて、炎天下の観察会でしたね。
 (1週間ずれていたら、台風4号の影響で中止になっていたかもしれません)

 御存知かとは思いますが、8月19日(日)に琉球メヂィカル昆虫同好会(お医者さんで昆虫好きな人の集まり)主催による講演・シンポジウムが那覇市のてんぶす館で行われます。時間はpm1:30~3:00で、入場無料です。
 また、同会により県立南部医療センター1Fギャラリー和にて8月5日~31日まで沖縄・世界の昆虫標本、写真・映像展が開かれます。こちらも入場無料です。
 もし、よろしければ、参加してみてはどうでしょうか。

 ムシよりイシが好きなstone-circleより。

 ps.勝手なお知らせで申し訳ありません。
   sea-star様の主旨に反する内容であれば、削除していただいでかまいません。

投稿: stone-circle | 2007.07.31 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15955835

この記事へのトラックバック一覧です: 腹でも判る:

» 黒いところに 目が行かない [SeaStar's Photolog]
カメラ片手に遊歩道をウロウロ。すると,目に留まる小さな生き物。いつもの,お決まりの撮影パターンです。この時見つけたのは,アシナガバチ。ずい分,茶色っぽいなぁ,な [続きを読む]

受信: 2012.08.06 02:23

« これは見分けやすい | トップページ | 翅が ボロボロ »