« 頭隠して,カラダ丸見え | トップページ | カタツムリではありません »

彼方に望む 渡名喜の島影

那覇市から望む渡名喜島
梅雨明けしてからの県内地方は,夏の高気圧(いわゆる太平洋高気圧ですね)に覆われて,爽やかな晴天が続いています。気温は高く陽射しも強烈ですが,夏至南風(かーちーべー)と呼ばれる強い南風が吹いているので,陰に入れば随分と過ごしやすくなるのです。

で,今日から7月。沖縄本島西海上は水平線まで澄み切っています。慶良間諸島とチービシの間に,渡名喜の島影を見ることができました。昨年紹介した夕焼け空にシルエットが浮かんでいたのに比べると,白い崖がいくつか見えています。どうやら,島の南東断崖のようです。

それから,久米島から見た姿に比べると,水平線によって隠された部分が大きくて,地球が丸いことを実感できます。

2007/07/01 那覇市より渡名喜島を望む

|

« 頭隠して,カラダ丸見え | トップページ | カタツムリではありません »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15622953

この記事へのトラックバック一覧です: 彼方に望む 渡名喜の島影:

« 頭隠して,カラダ丸見え | トップページ | カタツムリではありません »