« ツノもカラダも うんと伸ばして | トップページ | 彼方に望む 渡名喜の島影 »

頭隠して,カラダ丸見え

オオクビカクシゴミムシダマシ 何か被写体はいないかと,道沿いの藪で葉裏を一つひとつ確かめていたときのこと。垂れ下がった枯れ枝に,何やら木の実のような塊が着いていました。

ところが,よく見ると脚が生えている。でも,不思議なことに頭部がない。「昆虫の体は頭胸腹の3つからできている」という常識があるので,あちこちから眺めるのですが,判然としません。飛んでいってしまうのを覚悟して,突いてみてようやく判りました。頭が胸の中にめり込むように隠れていたのです。


この虫は,オオクビカクシゴミムシダマシ。枯れ木に着く種類のようです。体のあちこちに小さな赤い物体が着いていました。外部寄生のダニかと思うのですが,よく判りませんでした。

同属別種ですがクビカクシゴミムシダマシの美麗画像はこちらのページで。

2007/06/16 南城市知念・志喜屋

|

« ツノもカラダも うんと伸ばして | トップページ | 彼方に望む 渡名喜の島影 »

01_昆虫」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15600501

この記事へのトラックバック一覧です: 頭隠して,カラダ丸見え:

« ツノもカラダも うんと伸ばして | トップページ | 彼方に望む 渡名喜の島影 »