« サギを見分ける | トップページ | ただ今 お食事中 »

全身イボイボ

イボイモリ
名は体を表わす,とはこのことか,とも思いたくなるこの姿。イボというのは,肋骨の先端が体表に飛び出した左右一列の突起のことだと,勝手に考えていたのです。けれども,こうして自分で撮影した写真を見ると,顔手足胴体,全てがイボで覆われていることがよくわかります。

これはイボイモリ。県指定天然記念物にして環境省レッドリストの絶滅危惧II類(VU)。てっきり森の生き物だと思っていたら,公園の遊歩道みたいな所で,出会ってしまいました。撮影の間も瞬き(というのかなぁ)一つせず,ひたすらじっとしていました。おかげで正面からのアップも撮影できた,というわけです。しかしこれでは外来の捕食者にはお手軽な獲物でしょうね。

2007/05/27 国頭村

|

« サギを見分ける | トップページ | ただ今 お食事中 »

05_両生類・爬虫類」カテゴリの記事

33_国頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15286913

この記事へのトラックバック一覧です: 全身イボイボ:

« サギを見分ける | トップページ | ただ今 お食事中 »