« 夏はカラフル | トップページ | 黒星4つ »

もっとカラフル

キョウジョシギ 夏羽の雄
大潮の日に合わせて観察しに行った,とはいえ,最干潮から2時間も経つと,そろそろ引き上げの時です。まだまだ観察を続けたい気持ちはあるのですが,強い陽射しを受けて体力も限界,しかも潮がどんどん満ちてきます,
そんな上げ潮時の汀線近くにいたのが,この鳥。キョウジョシギです。堆積したサンゴ礫を盛んに突いていたのは,おそらく その下に潜んでいる小型のカニなどを探しているのだろうと思われます。

この2羽は,これまでに紹介した冬羽とも,の色彩とも異なっています。全体に赤褐色の部分が大きくて,頭部も白い。腹部の白と脚の赤の対比も見事です。これが雄の夏羽なんですね。雄の方がずっと「京女」に相応しく思えます。

2007/05/04 那覇市大嶺海岸

|

« 夏はカラフル | トップページ | 黒星4つ »

04_鳥」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/15087392

この記事へのトラックバック一覧です: もっとカラフル:

» 冬は ちょい地味 [SeaStar's Photolog]
これまでにも度々観察してきたキョウジョシギ。冬羽をじっくり撮影できたのは,これが初めてです。前回は,遥か彼方から,でしたから。 雄の夏羽や雌の夏羽に比べると,オ [続きを読む]

受信: 2014.12.29 02:17

« 夏はカラフル | トップページ | 黒星4つ »