« ビロードの質感 | トップページ | 流れ者がその翼を休める場所 »

地図か 迷路か

ノメイガ亜科?幼虫の食痕 以前ニシキヒロハマキモドキを見つけた堤防に生えているガジュマルの茂み。今度も何か見つからないかと顔を近付けてみました。残念なことにニシキヒロハマキモドキは見つからなかったのですが,小さな幼虫が,おもしろい食痕を残していました。

ガジュマルの葉を裏返してみると,その表面だけを削り取るように食べていて,まるで,笠貝類の喰み跡のようです。その複雑な模様は,何となく地図にも似ています。フラクタル性があるのかもしれませんね。


さて,この幼虫の正体ですが,さすがにこれだけ若齢だと,図鑑やネット上の情報を見ただけでは判断できません。おそらく,ノメイガ亜科ではないかと思うのですが,全く自信はありません。

2007/02/12 渡名喜村ユブク浜

その後,正体が判明しました。
オキナワイチモンジハムシの幼虫でした。

2007/03/13 追記

|

« ビロードの質感 | トップページ | 流れ者がその翼を休める場所 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/14161006

この記事へのトラックバック一覧です: 地図か 迷路か:

» 親子兄弟 揃いも揃って [SeaStar's Photolog]
先日紹介したガジュマルを食害する幼虫の正体が,ほぼ判明しました。 いろいろ情報を集め,調べてみると,こんな写真が見つかりました。更に,より成長したステージの幼虫 [続きを読む]

受信: 2007.03.13 18:56

« ビロードの質感 | トップページ | 流れ者がその翼を休める場所 »