« わかってやっているのだとしたら,たいしたもんだ | トップページ | 時は巡り,また春が来て »

春は 米搗き

3月上旬の悪天候の後,島では穏やかな日が続いています。うりずんの到来を感じさせる日々です。そうなると,目立ってくるのが灯火に飛来する虫たち。中でも,今年はコメツキムシが目立ちます。


クシコメツキの仲間

体長20mm程のこの虫は,クシコメツキの仲間。脚の先端が二叉になっているのを「くし状」というようです。が,この仲間,『沖縄産昆虫目録』には,クシコメツキと同属のMelanotus だけで13種類も挙げられているのに,図鑑にはほとんど情報がないのです。それで,同定は「クシコメツキの仲間,Melanotus の一種」という表現にしておきます。

今夜(21日)は月齢も若く,宵の口には暗夜となったので,集落内の街灯ごとに1~2匹という状況でした。


2007/03/14 渡名喜村集落内

|

« わかってやっているのだとしたら,たいしたもんだ | トップページ | 時は巡り,また春が来て »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/14345622

この記事へのトラックバック一覧です: 春は 米搗き:

« わかってやっているのだとしたら,たいしたもんだ | トップページ | 時は巡り,また春が来て »