« すぐ近くにいるときは 気付かない | トップページ | ちょっと離れて 見つめてる »

全てを見るのは 難しい

アオカナヘビ
このphotologで紹介してきた生き物を種類別に数えると,昆虫と植物が大部分を占めています。何しろ余り逃げないので,ゆっくりじっくり撮影できるのです。それとは対照的なのがヘビ・トカゲの仲間。元々隠密行動だし,こちらの動きに敏感なので,観察はできてもカメラを向けようとしたとたんに,さっと隠れてしまうのです。

この3年間でも撮影までできたのは,僅かに3回。今回が4回目でした。このときも,いったんは逃げられてしまったのですが,ジッと動かず待っていたら,また草むらから顔を覗かせてくれたのです。

このトカゲは,アオカナヘビ。前回の観察よりは,カラーバランスのいい一枚になりました。下半身も撮影できているのですが,しっぽの先は草むらの中なので,思い切って上半身だけをトリミングしました。今回は,体側の白線や手指の鱗,鼓膜のようすなどが,よく写せたかなと思います。

2007/03/18 渡名喜村シブーシューカーラ(集落南方段丘面の墓地)

|

« すぐ近くにいるときは 気付かない | トップページ | ちょっと離れて 見つめてる »

05_両生類・爬虫類」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/14444210

この記事へのトラックバック一覧です: 全てを見るのは 難しい:

« すぐ近くにいるときは 気付かない | トップページ | ちょっと離れて 見つめてる »