« こんなモノを(も)食べていた | トップページ | 忍亀を思い出す »

両面作戦

オキナワイチモンジハムシ
暖かな春の陽射しを受けて,活発に動き回るのが観察されるようになったオキナワイチモンジハムシです。先日は,一心不乱に葉を囓る様子を紹介しました。

島の西岸を南下する村道の終点,ユブク浜の護岸に一株のガジュマルが根付いています。小さな株ですが,周囲には他にガジュマルが見あたらないので,何匹もハムシが集まってきていました。その中に,葉の両側からほぼ同じ所を囓っている2匹を見つけました。よく見ると,葉の表面だけを削り取るようにして食べているようです。それにしても,周りにいくらでも葉はあるのに…,と思ってしまう光景です。

2007/02/12 渡名喜村ユブク浜

|

« こんなモノを(も)食べていた | トップページ | 忍亀を思い出す »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/13906890

この記事へのトラックバック一覧です: 両面作戦:

» 親子兄弟 揃いも揃って [SeaStar's Photolog]
先日紹介したガジュマルを食害する幼虫の正体が,ほぼ判明しました。 いろいろ情報を集め,調べてみると,こんな写真が見つかりました。更に,より成長したステージの幼虫 [続きを読む]

受信: 2007.03.13 18:59

« こんなモノを(も)食べていた | トップページ | 忍亀を思い出す »