« 若さの象徴 | トップページ | 五⇒四 »

花は保守的

渡名喜島の南部山塊を東西に二分している島尻毛は,周辺よりも標高が低くなっているため,ちょうど鞍のような地形になっています。このためか,いつも強い風が吹き抜けていて,ここに生育している植物たちも,独特の樹形をしています。また,本来海岸近くで見られる種類が山の上まで見られます。


オオジシバリ

写真のオオジシバリもその一つ。図鑑には,同じIxeris 属のハマニガナとよく似た生活の仕方をするように載っています。けれども,この場所では,遊歩道脇の地面を覆っていました。ハマニガナに比べると,葉の形は随分細長くなっていますが,花はそっくりです。

2007/02/11 渡名喜村島尻遊歩道

|

« 若さの象徴 | トップページ | 五⇒四 »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/14057588

この記事へのトラックバック一覧です: 花は保守的:

« 若さの象徴 | トップページ | 五⇒四 »