« ちょっと 色黒 | トップページ | 盾状 といっても火山ではない »

三度目の正直 これぞ鶯,と思ったら

メボソムシクイ 島に来て3年目。常にカメラを持ち歩くようにしています。すると,正に「棚を吊って 牡丹餅を待つ」という状況に出くわします。

この時は,目の前の藪に小鳥が飛び込んできたのです。慌ててカメラを起動して,そっと覗いてみると,期待通りのウグイスです。夢中でシャッターを切り続けたのですが,あちこち動いて,藪の中に出たり入ったり。小枝の向こうに行ってしまうとAFでは合焦しないし。やや逆光気味の一枚をレタッチしてみました。手持ちの機材では,これ以上は望めないかな,というカットです。


2007/01/17 渡名喜村西底原

と思ったら…。過眼線の下側が妙に明るい色なので,アヤシイとは思っていたのです。でも,期待が先走ってしまいました。どうやらムシクイ類,メボソムシクイPhylloscopus borealis のようです。素人には難しいところです。

2007/02/03 追記

|

« ちょっと 色黒 | トップページ | 盾状 といっても火山ではない »

04_鳥」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/13559361

この記事へのトラックバック一覧です: 三度目の正直 これぞ鶯,と思ったら:

« ちょっと 色黒 | トップページ | 盾状 といっても火山ではない »