« 久方振りに 戻ってみれば | トップページ | 最初に覚えた »

体に似合わぬ その大きさ

ハシビロガモ
不忍池で餌に群れていたカモたちの中で,一際目立っていたのがこの一羽。同じ羽色のものが見られなかったことも,より注意を引いたのかもしれません。

けれども,何よりも不格好に見えるほど嘴が大きいのです。この写真では良く写っていませんが,後頭部は光の具合で紫色に輝いて,とても美しいのですが。

このカモは,ハシビロガモ。嘴が幅広いという命名ですね。すでにこのphotologでは,同属のマガモヒドリガモを紹介しています。淡水ガモ類として一括りにされていて食性や餌の取り方に共通性があるそうです。

2006/12/30 東京都台東区

|

« 久方振りに 戻ってみれば | トップページ | 最初に覚えた »

04_鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/13405292

この記事へのトラックバック一覧です: 体に似合わぬ その大きさ:

» 最初に覚えた [SeaStar's Photolog]
今から数十年前,親に連れられて通った上野公園の冬の風物詩は,人々の足元まで迫ってくる鴨の群れでした。その頃は,どれも同じような姿形で見分けがつかなかったのです [続きを読む]

受信: 2007.01.15 08:00

« 久方振りに 戻ってみれば | トップページ | 最初に覚えた »