« 残りは7つ | トップページ | あと 四分の一周 »

ガラサー山

ガラサー山
久米島の港は,白瀬川の河口に位置する兼城港です。ここに入港する時に見えるのが,この「ガラサー山」。「ガラサー」とは方言でカラスのことですね。カラスなど鳥が集まることから名付けられた,とされています。そのことから,こんな「お話」もあったりと,興味は尽きないのですが…。


ガラサー山の石柱

何といっても目を引くのは,島の西側の頂から天空へ突き出した石柱。島全体が御獄になっているということで,中に立ち入るようなことはできない(しない)のですが,気になります。拡大撮影してみても,なぜこんな地形になっているのか,素人には見当もつきません。浸食されずに残った岩脈なのでしょうか?

2006/11/04 久米島町兼城

|

« 残りは7つ | トップページ | あと 四分の一周 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

43_久米島の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/12592338

この記事へのトラックバック一覧です: ガラサー山:

« 残りは7つ | トップページ | あと 四分の一周 »