« 南の果ての 赤い土地 | トップページ | 立神というより屏風岩 »

幻の… という程でもないけれど

リュウキュウミスジ
世の中には「幻のミスジ」というものもあるそうですが。肉が苦手なわたしには,余り縁が無さそうです。

こちらのミスジは,それよりもずっと身近に見られるもの。リュウキュウミスジというタテハチョウの仲間です。タイワンクズを始めとする豆科草本・木本を食草として,多化性ということですから,本当にいつでもどこでも見られる蝶の一つなのです。

けれども,それがわたしにとっての幻になってしまうのは,この蝶がなかなかジッと止まってくれないことにあります。渡名喜島でも何度となくチャレンジしたのですが,まともに撮影できたことがありませんでした。ようやく撮れたのが,この久米島産の個体,というわけです。

2006/11/03 久米島町銭田

|

« 南の果ての 赤い土地 | トップページ | 立神というより屏風岩 »

01_昆虫」カテゴリの記事

43_久米島の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/12720711

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の… という程でもないけれど:

» 裏は オレンジ [SeaStar's Photolog]
カメラを持ってウロウロしていると,思いがけないチャンスに恵まれることもあるもので,この一枚はそうしたものかもしれないな,というものです。 写真の蝶は,リュウキ [続きを読む]

受信: 2007.11.18 22:49

» 夏は 薄いの? [SeaStar's Photolog]
夏真っ盛りの昼下がり,植物の調査で公園内を一回り。キレイに整備されているところでは,生き物が見られないし,いそうなところでは,ハブも出そう。 蝶の仲間は見られる [続きを読む]

受信: 2010.08.06 17:23

« 南の果ての 赤い土地 | トップページ | 立神というより屏風岩 »