« 幻の… という程でもないけれど | トップページ | なかなか手に入れられない »

立神というより屏風岩

以前,渡名喜島の立神岩を紹介しました。実は,その後,別な場所で“由緒正しい”「タチガミ」と呼ばれる地名を見つけてしまったのです。それはまたの機会にして…。
タチジャミ
こちらは,県内でも著名な「立神」。「タチジャミ」と呼ぶようです。久米島の観光案内にも,よく取り上げられているし,その正体は流紋岩の岩脈!,ときては,見に行かないと悔いが残るというものです。幸い,案内板が整備されていて,簡単に駐車場までたどり着きました。ところが,この駐車場,標高が63m程。急な階段を下り,更に海岸沿いの遊歩道を数百m進んでようやく見ることができました。


タチジャミ

アダンの藪を通り抜けての最初の印象は「屏風」。とても幅広なのです。近付いて,海へ向かって撮影すると,左のようになります。これなら,「立神」らしいですね。陸からは見えないようなところにあることを考えると,この名前は船から見て付けられたものだろうと想像できます。

周囲の浜は茶褐色の砂礫でいっぱいでした。腰を据えて(というより這いつくばって)探すと,1mmほどの自形石英が数粒拾えました。

2006/11/04 久米島町宇江城

|

« 幻の… という程でもないけれど | トップページ | なかなか手に入れられない »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

43_久米島の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/12758676

この記事へのトラックバック一覧です: 立神というより屏風岩:

» 流れに逆らい へばりつき [SeaStar's Photolog]
久米島は,その面積も大きく,非石灰岩地帯であるためか陸水環境も興味深いものがあります。何といっても,こんな生き物が生息しているのですから。といっても,そんな珍 [続きを読む]

受信: 2006.12.08 14:59

« 幻の… という程でもないけれど | トップページ | なかなか手に入れられない »