« こんなモノに例えなくても | トップページ | ただいま北上中 »

見所は足元に

ミーフガーの不整合
今日の一枚は,久米島でも有名な観光地,ミーフガーです。

独特の形状に目がいきますが,それだけではなく構成している岩石がおもしろいのです。大きな割れ目の右側,やや黒っぽい部分は宇江城層の凝灰角礫岩で,左側のやや小麦色の巨石は琉球石灰岩なのです。琉球石灰岩の方が新しいのですから,上に載っていたものが滑り落ちてきたのでしょうか?

それはともかく,「載っていた」時のようすが,そのすぐ下で見られるのです。ミーフガー周辺は標高が3.5mほどの隆起珊瑚礁(琉球石灰岩)になっています。画面下部にそのようすが写っているのですが,その下に赤い岩石があります。これも宇江城層の凝灰角礫岩で風化のためか赤褐色になっています。その境界面も見事な不整合で,地学的な興味の尽きない場所です。

2006/11/03 久米島町仲村渠ミーフガー

|

« こんなモノに例えなくても | トップページ | ただいま北上中 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

43_久米島の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/12685767

この記事へのトラックバック一覧です: 見所は足元に:

« こんなモノに例えなくても | トップページ | ただいま北上中 »