« そんなに赤くはないけれど | トップページ | 出身地で決めつける »

秋の訪れ

ハチジョウススキ
サシバが島を通り過ぎ,日没も随分早まって,南国沖縄でも秋の気配が日増しに強まっています。この日は,ハチングィと島尻毛へ,花の写真を撮りに出掛けてきました。ところが,時刻が3時過ぎだったのに,思った以上に日が傾いていて,あまりいいカットが撮れませんでした。

早々に切り上げて,山を降りてきたときに出会ったのが,この風景。稜線の向こうへ隠れようとしている太陽からの光線が,ススキの穂に当たって輝いています。「金色の野」って程ではありませんが,この輝きに進み行く秋を感じました。

さて,この植物の正体。ススキだろうと軽く考えていたのですが,どうもハチジョウススキのようです。大柄で,葉も幅広なので。ところが,中間型もあって変種扱いにされることもあるという,何とも素人にはわかりにくい状況です。ここではハチジョウススキとしておきます。

2006/10/28 渡名喜村渡名喜林道東端

|

« そんなに赤くはないけれど | トップページ | 出身地で決めつける »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/12500114

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の訪れ:

« そんなに赤くはないけれど | トップページ | 出身地で決めつける »