« シミもいろいろ | トップページ | アリの牧場 »

今度は いい角度で

タテハモドキ
日没が迫った島の集落内は,まさに逢魔時の趣です。

といっても,出会ったのは一頭のチョウ。見つけたときは翅を閉じていたので,薄茶色の翅裏の模様が周囲の枯れ草に紛れ込んで,危うく見過ごすところでした。そのうち,翅を開いたり閉じたりし始めました。何の理由(目的・効果)があるのか判りませんが,思い出したように2~3度開閉しては,またしばらく閉じているといった行動を繰り返していました。

そこで,いい角度から写せるように回り込んで,待つこと暫く。露出やピントも調整して撮影した一枚です。このチョウは,タテハモドキ。ようやく翅の表側をハッキリと写せました。ちなみに,翅裏はこんな様子です。

2006/10/10 渡名喜村集落内の草地

|

« シミもいろいろ | トップページ | アリの牧場 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/12247853

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は いい角度で:

« シミもいろいろ | トップページ | アリの牧場 »