« いつまでたっても 嘴の黄色い奴 | トップページ | 赤くなくなる赤トンボ »

粉を被った一人前

コフキヒメイトトンボの成熟雄 今日は思い立ってウーチュガーへ。水辺の草むらということで,いろいろな生き物が見られるだろうと考えたのです。登ってみると,久しく訪れる者が無かったためか,腰まで伸びた草で足元が見えません。畦を踏み外して転ぶというよりも,ハブが怖いのです。抜き足差し足,被写体を探しつつ,ハブへの警戒もしながら辿り着いた田んぼは,稲穂が頭を垂れていました。

で,あちこち物色しようと思ったのですが,草が伸び過ぎていて,ちょっと危ない感じ。控えめな探索で引き返してきました。そんな中で見つけたのが,このトンボです。


このトンボは,コフキヒメイトトンボの成熟雄。以前紹介した未成熟雄と違って,見事に粉を噴いています。今回も,葉陰を漂うように飛んで,なかなか撮影させてもらえませんでした。

2006/09/11 渡名喜村ウーチュガー

|

« いつまでたっても 嘴の黄色い奴 | トップページ | 赤くなくなる赤トンボ »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/11858174

この記事へのトラックバック一覧です: 粉を被った一人前:

» 赤くなくなる赤トンボ [SeaStar's Photolog]
傾いた日差しが厚い雲に遮られて,そろそろ潮時かと引き上げようとしたときに,新しい被写体に気が付いてしまいました。これが,一度撮影したことのあるものなら,そのま [続きを読む]

受信: 2006.09.12 13:43

» 小さな小さな 肉食獣 [SeaStar's Photolog]
獣ってことはないんですけれども,こうしてガブリとやっているところを見ると,なかなか凶暴な面構えです。 このトンボは,コフキヒメイトトンボ。体色から,おそらく未 [続きを読む]

受信: 2007.01.22 21:31

« いつまでたっても 嘴の黄色い奴 | トップページ | 赤くなくなる赤トンボ »