« サルとウリの間に | トップページ | 家族まではお馴染みの »

緑の脚と枝分かれ

サトクダマキモドキ
深夜の路上で道を塞いでいた1匹の虫。カメラを向けても,スラッシュを焚いても,微動だにしません。最近,朝になるとアリに取り囲まれている姿をよく見ます。それでも次から次へと,こうして路上に現れるのですから,一体何をしているのか,不思議に思います。後脚に砂が付いているのも謎です。

サトクダマキモドキ識別点この虫は,サトクダマキモドキ。クツワムシの仲間ですね。よく似たヒメクダマキモドキとの区別は,図鑑によると以下の点。前翅の翅脈がヒメ-は平行状なのに対して,こちらのサト-は分枝しているというのです。赤丸で囲って強調してみたのですが,どうでしょう。


2006/09/16 渡名喜村集落内

|

« サルとウリの間に | トップページ | 家族まではお馴染みの »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/11959639

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の脚と枝分かれ:

» ポイントは 長い脚 [SeaStar's Photolog]
やっぱり,この時期,この仲間は路上でボーッとしているのが好きなようです。この日見つけたのは,「モドキ」ではなくて,本家クダマキ。タイワンクツワムシです。 サト [続きを読む]

受信: 2006.09.23 20:00

» 視線はこちらを向いている [SeaStar's Photolog]
自然がいっぱいのこの施設,建物の周囲で,簡単に生き物を見つけられます。この一枚は,窓のサッシに止まっていたもの。甲高で薄い体はキリギリスやクツワムシの仲間ですね [続きを読む]

受信: 2012.08.11 00:00

« サルとウリの間に | トップページ | 家族まではお馴染みの »