« まぁ~るい お尻(実はお腹) | トップページ | 引っ掛かるのは 赤い腹 »

比国へ渡る 道すがら

コムクドリ 台風13号が過ぎ去って十日程が経ち,ようやく北からの渡り鳥が増えてきました。昨日,26日に気付いたのは,イソヒヨドリ程の大きさで20羽の群れをつくっている鳥。この時は,遠目の逆光で色などが判らず終いだったのです。それが今朝ハッキリとしました。

この鳥は,コムクドリ。夏は本州中部以北で過ごし,冬はフィリピン以南へ渡るようです。つまり,県内では旅鳥ですね。種小名のphilippensisは,当地産の個体に基づいて記載されたためでしょうか。


白い頭に茶色の頬,灰色の腹部と黒い背中。よく見ると風切り羽が暗緑色に輝いています。同属のムクドリより,ちょっとだけオシャレかも。

2006/09/27 渡名喜村集落内

|

« まぁ~るい お尻(実はお腹) | トップページ | 引っ掛かるのは 赤い腹 »

04_鳥」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/12060516

この記事へのトラックバック一覧です: 比国へ渡る 道すがら:

» この島では珍しい [SeaStar's Photolog]
一週間前の卒業式に引き続き,修了式なども終えて,学校もホッと一息ついたところです。けれども,自然の方は,春の渡りの季節。次々と見慣れぬ鳥たちを目にします。 こ [続きを読む]

受信: 2007.03.19 00:59

« まぁ~るい お尻(実はお腹) | トップページ | 引っ掛かるのは 赤い腹 »