« 緑の脚と枝分かれ | トップページ | ポイントは 長い脚 »

家族まではお馴染みの

クサカゲロウ科の一種
集落の中にあちこちにあるオオハマボウの茂み。たくさんの昆虫が集まってくるので,被写体に事欠かない撮影ポイントです。この日は,葉から葉へ,素早く飛び移る姿を見かけて,そーっと葉裏を覗いてみました。

見つかったのはクサカゲロウの一種。「優曇華の花」とも呼ばれる卵を産む昆虫ですね。東京にいるころからよく見かける昆虫でしたが,意外にも図鑑では同定ができませんでした。よく似た種類がたくさんいる割に,生活史など基本的なことがよくわかっていないようなのです。手元の「沖縄産昆虫目録」(1987年版,改訂版あり)によると,クサカゲロウ科には17種がリストアップされています。そのうち和名があるのは8種。図鑑で生態写真を見られたのは僅かに1種でした。ということで,種はおろか属までも不明の,「クサカゲロウ科の一種」となりました。

2006/09/19 渡名喜村集落外れの藪

|

« 緑の脚と枝分かれ | トップページ | ポイントは 長い脚 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/11981544

この記事へのトラックバック一覧です: 家族まではお馴染みの:

» Bitacle Blog Search Archive - 家族まではお馴染みの [bitacle.org]
[...] 集落の中にあちこちにあるオオハマボウの茂み。たくさんの昆虫が集まってくるので,被写体に事欠かない撮影ポイントです。この日は,葉から葉へ,素早く飛び移る姿を見か. [...] [続きを読む]

受信: 2006.09.21 20:04

« 緑の脚と枝分かれ | トップページ | ポイントは 長い脚 »