« 左右に張り出す大きな眼 | トップページ | 旅の途中 »

ズレているのが効果的

ウスバキトンボ もう日が傾いてきているですが,久し振りに撮影に出掛けてみました。ここ数日,曇天が続いて,気温もそれほど上がらず,秋の気配を感じます。畑に群れていた鳥の群れは,渡りの途中のセキレイかもしれません。

この鳥たちを撮影しようとするのですが,警戒心が強くて全く近付けません。そこで,代わりに撮ったのが,このトンボ。


農道の轍にできた水たまりに群れて,縄張り防衛や産卵といった行動を見せてくれました。すっかり赤くなっているのですが,これはウスバキトンボ。梢の先で群飛している頃は,もっと色が薄いのです。このため,真の赤とんぼ(アカネ属)ではないのですが,沖縄では「赤とんぼ」のイメージに一番合うトンボだろうと思います。

以前紹介したギンヤンマの飛翔姿勢に比べると,前後の翅が互い違いになっていることがわかります。チョウやハチは,前後の翅を揃えて一枚のようにして羽ばたいています。トンボの高い飛翔能力の秘密がここにあるのだそうです。

2006/09/05 渡名喜村マテーシガニク(林道東側始点)

|

« 左右に張り出す大きな眼 | トップページ | 旅の途中 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/11795543

この記事へのトラックバック一覧です: ズレているのが効果的:

» 虹色は メガネだけでは ありません [SeaStar's Photolog]
相変わらず,デスクにしがみつくような生活が続いているのですが,職場に満開の花を着けた木があることに気付き,撮影に。3階のテラスから見下ろすようにレンズを向けると [続きを読む]

受信: 2010.09.23 19:17

« 左右に張り出す大きな眼 | トップページ | 旅の途中 »