« つくば,ふたたび | トップページ | そういえば,昔馴染みの顔でした »

渡名喜残照

那覇から望む渡名喜の島影
「慶良間は見えるけれども…」という有名なことわざがありますが,渡名喜だって見えるのです。よく晴れた,というよりも海面近くに靄がない日に高台に登ると,水平線の彼方にその島影を見ることができます。でも,そんな日はなかなか無くて,これまでうまく撮影できずにいたのです。

この日は,ちょうど日没の方位が島のあたりに来て,島影が文字通りのシルエットとなって浮かび上がっていました。右端の最高部がヲムとすると標高150m程です。渡名喜から望む沖縄本島は,煌めく町の灯りが眩いばかりですが,その逆は天候と時刻が整わないと難しくなります。

2006/08/10 那覇市

|

« つくば,ふたたび | トップページ | そういえば,昔馴染みの顔でした »

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/11379547

この記事へのトラックバック一覧です: 渡名喜残照:

» 遙かに望む 渡名喜の島影 [SeaStar's Photolog]
今月初めの久米島滞在は,正味26時間ほど。実際に活動できたのは,着いた日の3時間程と,翌早朝の1時間,そして船が出るまでの4時間程で,計8時間。それで,あれも [続きを読む]

受信: 2006.11.24 08:02

» 渡名喜残照 再び [SeaStar's Photolog]
今年は台風が少ない,ということもあって,ここ数日は夏らしい好天続き。日中は刺すような陽射しですが,日が傾けば涼風(シダカジ)が吹いて,とても心地よい時間です。空 [続きを読む]

受信: 2010.08.03 18:08

« つくば,ふたたび | トップページ | そういえば,昔馴染みの顔でした »