« 虻蜂取らず って,ちょっと違うか | トップページ | 頬紅は 渋めの茶色で »

あちらは☆で こちらは・

ミナミフタテンカメムシ
毎日通る集落内の道。すぐ脇には畑が広がり,隣の畑との境界が藪になっています。この藪の下草が狙い目。やや陰になっている上に,人でもあまり入らないので,いろいろな小動物が観察できます。

この日見つけたのは茶色のカメムシ。細かい斑紋があるだけで,あまり特徴的な色・紋様ではありません。強いて言えば楕円になった体型でしょうか。

このカメムシは,ミナミフタテンカメムシ。サトウキビなどのイネ科植物につくのだそうです。「-フタテン-」というのは,小循板の左右先端にある白色斑のこと。シラホシカメムシマルシラホシカメムシキシモフリクチブトカメムシなどでも同様の白斑がありますから,この類では一般的なデザインなのかもしれません。

2006/06/21 渡名喜村集落内の藪

|

« 虻蜂取らず って,ちょっと違うか | トップページ | 頬紅は 渋めの茶色で »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/10827948

この記事へのトラックバック一覧です: あちらは☆で こちらは・:

« 虻蜂取らず って,ちょっと違うか | トップページ | 頬紅は 渋めの茶色で »