« 飛び立つ前の 最後の散歩 | トップページ | この次は ぜひ内側を »

熟して 裂けて その後は?

紫熟したオオイタビの果嚢
4月に見つけてから,ずっと気にかけていたオオイタビの果嚢。7月になって,キレイに色付いていました。つまんでみると,結構硬い。弾力がほとんどありません。直径は3cm近くあります。一体種子散布はどうなっているのだろうと考えていました。この植物の暮らし方,いわゆる「絞め殺し」だと,このまま落ちるだけではなさそうですし,ガジュマルのように鳥に食べてもらうには大きすぎます。

その答えが見えたのがこの一枚。見事に割れて中の果実(種子?)が見えています。触ってみたのですが全く粘り気はありませんでした。これなら,落ちた後で雨に流されたり,アリに運ばれたり,あるいは鳥に食べられたりといろいろな散布形式があり得そうです。

そんな場面が観察できればいいのですが。

2006/07/07 渡名喜村集落内の屋敷林

|

« 飛び立つ前の 最後の散歩 | トップページ | この次は ぜひ内側を »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/10895329

この記事へのトラックバック一覧です: 熟して 裂けて その後は?:

» 入り口だけで 出口なし [SeaStar's Photolog]
訳あって,VT-101を入手しました。ということで,これから,いろいろ撮影してみようと思います。まずは手始めに,こんなものを試してみました。 これは,ガジュマル [続きを読む]

受信: 2009.08.17 17:33

« 飛び立つ前の 最後の散歩 | トップページ | この次は ぜひ内側を »