« Cecil を思い出す | トップページ | これぞ 青目 »

このサイズなら,4回分

トビモンオオエダシャクの幼虫
滅多に車が通らないからか,渡嘉敷島の路上では,いろいろな動物を見ることができました。この尺取り虫もその一つ。見慣れた種類に比べると,桁外れに大きいのです。体長が長いことはもちろんですが,その太さにボリューム感を感じました。10cm近くある体で,ゆっくり尺取り運動していました。

これは,トビモンオオエダシャクの幼虫。成虫はこんな姿になるようです。大きな体だけでなく,その頭部も大変特徴的。角のように2本の突起が飛び出しています。こちらのサイトでは犬のような顔つきと紹介されています。若齢幼虫の時は,もっと細長くて,より角らしく感じられます。

2006/06/01 渡嘉敷村国立沖縄青少年交流の家,北方の林道

|

« Cecil を思い出す | トップページ | これぞ 青目 »

01_昆虫」カテゴリの記事

42_渡嘉敷の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/10548227

この記事へのトラックバック一覧です: このサイズなら,4回分:

« Cecil を思い出す | トップページ | これぞ 青目 »