« 夜更けのランナー | トップページ | とまる場所を間違えている »

頭が無いのも 見慣れてきた

ホソミスジエダシャク 見慣れぬうちは,その姿が異様に感じられたシャクガの類。翅を広げてとまった姿は,頭を断ち切られたように見えるのです。けれども,もちろん張り出した胸部に隠れているだけなのです。

こちらのフタツメオオシロヒメシャクと,そっくりな姿でとまっているのは,ホソミスジエダシャク。窓枠なので,大変目立っていますが,木の幹ならば,きっと擬態の効果もあるだろうなぁと想像される斑紋です。


問題は,「ミスジ」とはどの3本か?ということです。翅の中程に暗色部があって,その基部側・末端側は明色部。更に外側に暗色斑を結ぶように不明瞭な暗色帯があるのですが,そうすると四筋になってしまいます。筋の見立てが違うのか!?

2006/06/01 渡嘉敷村国立沖縄青少年交流の家

|

« 夜更けのランナー | トップページ | とまる場所を間違えている »

01_昆虫」カテゴリの記事

42_渡嘉敷の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/10604982

この記事へのトラックバック一覧です: 頭が無いのも 見慣れてきた:

« 夜更けのランナー | トップページ | とまる場所を間違えている »