« ちょっと早いかな | トップページ | 最後の一滴まで搾り取るように »

花落知多少

ヤエヤマコクタンの花
あまり船酔いはしないのですが,陸に上がった後で疲れが出てしまいます。島に渡るときは,朝に那覇を出て,昼前に渡名喜に着きますが,その日の午後は大抵昼寝になってしまいます。

今日も,しっかりこのパターン。夕方から起き出して外出してみると,車のフロントガラスにたくさんの小さな花が落ちています。そういえば,昼頃は雨も降っていました。こうなると思い浮かぶのは,これしかないといった感じです。もっとも,立夏を過ぎてこれじゃぁいけませんが。

この花はヤエヤマコクタン。以前紹介した果実は8月のものでした。カキノキ科に分類されるということで,雌花はそっくりです。どうやら雌雄異株のようで,別な木には雄花が付いていました。

2006/05/07 渡名喜村西底原

|

« ちょっと早いかな | トップページ | 最後の一滴まで搾り取るように »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9947395

この記事へのトラックバック一覧です: 花落知多少:

« ちょっと早いかな | トップページ | 最後の一滴まで搾り取るように »