« 頭からガブッと | トップページ | いつも守られている »

ずっと守っている

トガリシロスジグモ いつも通りがけに,何か被写体はないかと探す畑の脇の草むら。この日は,何やら白い物体が目にとまりました。草の葉を綴り合わせたような糸玉と,それに覆い被さるようにしてクモがいました。

よく見ると,腹部に皺がよっています。もしかすると,この糸玉は,この個体が産んだ卵塊なのかもしれません。このクモは,トガリシロスジグモ。同属にシロスジグモというのもいるのですが,こちらは生息環境に水田が挙げられていること,脚の斑紋などから区別して「トガリ-」に同定しました。かなり不確かですけれど。


その後,1週間経って見に行ったら,やっぱりというか,まだいました。もしも同じ個体だったとしたら…,母は強し。

2006/05/09 渡名喜村西底原

|

« 頭からガブッと | トップページ | いつも守られている »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/10113240

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと守っている:

« 頭からガブッと | トップページ | いつも守られている »