« 赤くて大きく,緑色 | トップページ | 二桁突入! »

臀ロ占せる如く

アオモンイトトンボの交尾
2つの島を繋いだトンボロ地形の上に成立した渡名喜島の集落は,ほとんどが砂地のために水系が貧弱,というか,川がありません。水辺の環境に乏しいのですが,それでも水生昆虫を見ることはできます。この日見られたイトトンボは,近くの溜池からやって来たのでしょう。

このトンボは,アオモンイトトンボ。体の赤っぽい方が雌ですが,雌には雄と同じ体色の型もあるそうです。このポーズは,雌が腹端を雄の副生殖器に結合させているところ。こうして精子を受け取るので,これが交尾ということになります。それを「臀(と)ロ占(なめ)せる」とした上代の表現がおもしろく感じられます。

大和盆地のように取り囲まれているわけではありませんが,渡名喜の畑も山に挟まれ,豊かな収穫の時期を迎えています。

2006/05/11 渡名喜村立渡名喜小中学校

|

« 赤くて大きく,緑色 | トップページ | 二桁突入! »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/10248142

この記事へのトラックバック一覧です: 臀ロ占せる如く:

» 腰は青くて,目では離れて [SeaStar's Photolog]
雨も降り止まないし,帰りの飛行機の時間もあるしなぁ,と引き上げてきた,まさにその時見つけたトンボ。マンガル観察用の木道のずっと下で,雨宿りでもしているようでした [続きを読む]

受信: 2010.06.03 18:27

» 腰は青くて,目では離れて [SeaStar's Photolog]
雨も降り止まないし,帰りの飛行機の時間もあるしなぁ,と引き上げてきた,まさにその時見つけたトンボ。マンガル観察用の木道のずっと下で,雨宿りでもしているようでした [続きを読む]

受信: 2010.06.03 18:29

« 赤くて大きく,緑色 | トップページ | 二桁突入! »