« いつまでたってもクロのまま | トップページ | 小さいものは種類は多いが情報は少ない »

シロクロ ハッキリさせない

ハイイロテントウ というか,お仲間たちは赤黒ハッキリさせているのに…,というお話です。

この虫はハイイロテントウ。移入の経緯や色彩の不思議については「オキナワナマモノ」のページをご覧ください。

このときは,屋敷林となっているフクギの葉の上にちょこんととまっていました。キジラミ(?)というのか,ヨコバイ類など小型昆虫がたくさんいますから,それらを補食しているのでしょう。


見慣れてしまったからか不思議に感じませんでしたが,こんな小さな虫にも米軍の存在が関係してくるところが,いかにもオキナワです。

2006/05/09 渡名喜村集落内の藪

|

« いつまでたってもクロのまま | トップページ | 小さいものは種類は多いが情報は少ない »

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

01_昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シロクロ ハッキリさせない:

« いつまでたってもクロのまま | トップページ | 小さいものは種類は多いが情報は少ない »