« 行方不明になる直前 | トップページ | 星といいつつ 地にも見える »

三裂した後 弾け飛ぶ

リュウキュウコスミレの果実 渡名喜の集落の中で,たくさん見られるリュウキュウコスミレ。この時期にはたくさんの果実が見られます。花には5枚の花びらがあるように見えるのですが,果実の方は,ご覧の通り。3つに裂けて3軸放射相称です。ちょっと不思議な気もしますが,上弁・側弁が本来1枚だったりすると,ちょうど3軸になります。改めて花を見ていて,そんなことを考えました。

さて,この果実。乾燥してくると,莢が閉じるようにして種子を弾き飛ばします。自動散布という種子散布型だそうです。まだ,自然に飛び散るところを観察したことがないのですが,さぞかし壮観だろうなぁと想像しています。


2006/04/05 渡名喜村集落内の藪

|

« 行方不明になる直前 | トップページ | 星といいつつ 地にも見える »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9522834

この記事へのトラックバック一覧です: 三裂した後 弾け飛ぶ:

« 行方不明になる直前 | トップページ | 星といいつつ 地にも見える »