« 三裂した後 弾け飛ぶ | トップページ | 早くも 夏の装い »

星といいつつ 地にも見える

キボシツツハムシ 気をつけていれば,いろいろな生き物に出会える渡名喜島の集落です。その中でも,何ヶ所かの藪は要チェック。今日は,オキナワスズメウリの茂みの前を通ったので,時間をかけて探してみました。

そこで見つけたのが,この虫,キボシツツハムシです。。数日前に眺めていた図鑑のページで,おもしろい模様だなぁとじっくり見ていたので,見つけたときは驚いてしまいました。色彩と斑紋には個体差があるようですが,この個体は,全体にコントラストが低め。それでも,和名の由来になった黄色い斑点が見事です。


けれども,これだけ黄色の部分の面積が大きいと,黄色い星の紋様にも,茶褐色の網状紋様にも,どちらにも見えてしまいますね。

2006/04/11 渡名喜村集落内の藪

|

« 三裂した後 弾け飛ぶ | トップページ | 早くも 夏の装い »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9537819

この記事へのトラックバック一覧です: 星といいつつ 地にも見える:

» サルとウリの間に [SeaStar's Photolog]
このPhotologを,ほぼ毎日更新するようになって3年目。被写体を探すことが日常になったのですが,撮影はしたものの正体不明,というものもたくさんできてしまい [続きを読む]

受信: 2006.09.17 20:24

« 三裂した後 弾け飛ぶ | トップページ | 早くも 夏の装い »