« 階段模様が決め手です | トップページ | 年長さんは逃げ足が速い »

両雄揃い踏み

ホソワラジムシ
いつも生き物を探させてもらっている畑に,誰が置いたものか板切れがありました。A4判ほどの小さなものなのですが,その裏側にはいろいろな動物が集まってきています。毎朝ひっくり返すのが日課になってしまいました。

そうして撮影できたのがこの一枚。わたしがこよなく愛する等脚目と有肺亜綱の揃い踏み。奥に見えているのは,以前にも紹介したニセノミギセル。久米島,伊平屋島,粟国島に加えて慶良間諸島に分布しています。

手前が今日の主役のホソワラジムシ。これでも外来種なのだそうです。どこにでもいる感じですが,それだけ人の暮らしに密着しているのでしょうね。この角度からは,脚が7対あることや胸部が8節,腹部が5節あることもわかりますね。

2006/04/17 渡名喜村西底原

|

« 階段模様が決め手です | トップページ | 年長さんは逃げ足が速い »

02_カタツムリ・デンデンムシ・陸貝」カテゴリの記事

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9683508

この記事へのトラックバック一覧です: 両雄揃い踏み:

« 階段模様が決め手です | トップページ | 年長さんは逃げ足が速い »