« 早くも 夏の装い | トップページ | 移動禁止令 »

みんなと同じ 無花果タイプ

オオイタビの果嚢
まさに灯台下暗し。宿舎の目の前で,ずっと見たかったものがたくさん見つかりました。この大きな実は,オオイタビの果嚢。前回は大きな岩にへばりついた姿を紹介しました。それから,ずっと気にかけていたのです。けれども,見かける株は,どれも似たような「へばりつき」タイプ。まさか,こんな姿で実をつけているとは考えもしませんでした。

この株は,屋敷林のフクギを利用して,人の背丈以上に立ち上がり,周囲に枝を伸ばしています。葉の大きさも,へばりついている部分とは全く違い,数倍あります。パッと見たとき,イチジクに見えたのですが,葉の形が違うし,こんな所にイヌビワかと不思議に思ったのです。よくよく見てみると,これがオオイタビでした。全体的に大柄なガジュマルといった感じです。熟すと紫色を帯びるそうですから,ますますイチジクのようになるのでしょうね。

2006/04/06 渡名喜村集落内の屋敷林

|

« 早くも 夏の装い | トップページ | 移動禁止令 »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9577277

この記事へのトラックバック一覧です: みんなと同じ 無花果タイプ:

» 熟して 裂けて その後は? [SeaStar's Photolog]
4月に見つけてから,ずっと気にかけていたオオイタビの果嚢。7月になって,キレイに色付いていました。つまんでみると,結構硬い。弾力がほとんどありません。直径は3 [続きを読む]

受信: 2006.07.11 07:45

« 早くも 夏の装い | トップページ | 移動禁止令 »