« 怪しいのは脛の色 | トップページ | 階段模様が決め手です »

たとえ翼は破れても

シラホシトリバ
今年はちょっと時期が早いように感じますが,集落内のナワシロイチゴがもう実を付けています。まだ花も残っているので,仄かに甘い果実を味わいながら,訪花昆虫を撮影していました。

すると,小さなオレンジ色の虫が,あちらこちらで漂うように飛んでいます。ずいぶん華奢な体つきだなぁ,などと思いながら,レンズを向けてみますが,これがなかなかジッとしてくれない。止まったかと思うと,すぐに飛び立ってしまうのです。そうして,ようやく撮影できたのがこの一枚。

ちょっとブレているためか,細部がハッキリとしませんが,とても複雑に,たくさんの突起が出ています。翅も破れたような隙間があります。すぐにトリバガの仲間だとわかったのですが,そこから先は時間がかかりました。

この虫はシラホシトリバ。よく似たものにキンバネチビトリバがありますが,後翅が前翅の半分程度しかないことと,止まっているときの後脚の位置などから,こちらに同定しました。ノブドウなどを食害するそうです。島では何を食べているのでしょうか。

2006/04/03 渡名喜村西底原

|

« 怪しいのは脛の色 | トップページ | 階段模様が決め手です »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9656583

この記事へのトラックバック一覧です: たとえ翼は破れても:

« 怪しいのは脛の色 | トップページ | 階段模様が決め手です »