« 棘なし 脈あり 真っ黒け | トップページ | 白くて大きい ナガサキのはね »

葉っぱの上で一休み

リュウキュウオカモノアラガイ 雨上がりの集落内は,至る所でカタツムリが見られます。大きさも様々で大発生状態。野菜や花卉の被害も相当あるのではないか,と想像してしまいます。集落内で目に付くのは,オキナワウスカワマイマイパンダナマイマイなのですが,よく探すと別な種類を見つけることができます。

それがこの貝。アフリカマイマイを小さくしたような形ですが,もちろん別種。リュウキュウオカモノアラガイといいます。分布域が八重山諸島とトカラ列島となっているところが,ちょっとアヤシイのですが,とりあえずこれに同定しておきます。この個体は白味が強い殻を持っているようです。ふつうはもっと黒灰色です。


これで,渡名喜島の陸産貝類は以下の9種類を確認できました。

  • オキナワヤマキサゴ
  • オキナワヤマタニシ
  • リュウキュウオカモノアラガイ
  • ノミガイ
  • ニセノミギセル
  • シュリマイマイ(?,死殻はたくさん見つかる)
  • パンダナマイマイ
  • オキナワウスカワマイマイ
  • アシヒダナメクジ

2006/04/24 渡名喜村西底原

|

« 棘なし 脈あり 真っ黒け | トップページ | 白くて大きい ナガサキのはね »

02_カタツムリ・デンデンムシ・陸貝」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9786566

この記事へのトラックバック一覧です: 葉っぱの上で一休み:

» 目の付きどころがちがう [SeaStar's Photolog]
午前中,強い降りが続いたので,昆虫はいないだろうな,でもひょっとしたら,とカメラ片手にウロウロしてみました。案の定,コンクリの壁を登っているカタツムリを見つける [続きを読む]

受信: 2015.08.10 20:39

« 棘なし 脈あり 真っ黒け | トップページ | 白くて大きい ナガサキのはね »