« 週刊ココログガイド で 紹介されました | トップページ | 見開いたように見えるけど »

識別困難

マルシラホシカメムシ
困難とはいえ,まだ,辛うじて野外でも区別ができる方かもしれません。

というのも,写真のマルシラホシカメムシ。同属のシラホシカメムシと,姿形がとてもよく似ているのです。しかも,生活のようすもよく似ていて,どちらもイネ科草本(いわゆる雑草)を好むのだそうです。近縁の種で食物も共通となると,生殖隔離ということでしょうか。繁殖の時期が違うとか,交尾の方法に違いがあるとか。これらカメムシの生活史をよく知らないので,確たることはわからないのですが。

ちなみに,識別点は,こちらのマルシラホシカメムシの方が,体型が丸いこと,小楯板が大きくて体の末端まで届いていることが挙げられます。この個体はオキナワスズメウリの葉にとまっていました。

2006/03/08 渡名喜村集落内の藪

|

« 週刊ココログガイド で 紹介されました | トップページ | 見開いたように見えるけど »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9301473

この記事へのトラックバック一覧です: 識別困難:

» あちらは☆で こちらは・ [SeaStar's Photolog]
毎日通る集落内の道。すぐ脇には畑が広がり,隣の畑との境界が藪になっています。この藪の下草が狙い目。やや陰になっている上に,人でもあまり入らないので,いろいろな [続きを読む]

受信: 2006.07.13 13:56

« 週刊ココログガイド で 紹介されました | トップページ | 見開いたように見えるけど »