« カッコウ違いで 薬効はなし | トップページ | 春先の金星 »

春を告げる香り

トベラ
春の陽気に,野草の花が咲き乱れる渡名喜島ですが,木本だって花を咲かせているのです。しかも,遠くからでもそれとわかる香り付き。

この花はゲッキツ。所用で,いつもとは違う道を通ったら,もう満開になっている株がありました。辺りは濃厚な香りでいっぱい。さんぴん茶のようないい香りです。五感で季節を感じられるって,ありがたいことですね。

図鑑には,『人家の生垣としてよく植栽されたが、最近は余り見かけなくなった。』とあります。それでも,渡名喜の集落ではあちらこちらで見られ,これから暫く花と香りで,わたしたちをたのしませてくれます。

2006/02/22 渡名喜村集落内の屋敷林

と書いておいて何ですが,誤同定に気付いたので訂正しておきます。
この植物はトベラ。葉の付き方がゲッキツとは全く違っています。学名はPittosporum tobira。以前果実と種子を紹介していました。

2006/03/13 追記

|

« カッコウ違いで 薬効はなし | トップページ | 春先の金星 »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8926711

この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる香り:

» もう惑わされない [SeaStar's Photolog]
集落の生垣に一輪だけ咲いていた白い花。周りには膨らんだ蕾がいくつもありました。これから花の盛りを迎えるのでしょう。 この花はゲッキツ。以前,これとは全く別の花 [続きを読む]

受信: 2006.04.29 17:25

« カッコウ違いで 薬効はなし | トップページ | 春先の金星 »