« 人間の手では触れられない | トップページ | なんだか だらしない姿 »

更に一皮

ナナホシテントウの羽化
日が長くなったとはいえ,もう暗くなり始めた午後6時過ぎ。いつも通る道沿いの畑で,いつものように何かいないかと立ち止まってみました。すると,1週間ほど前に一斉に蛹になったナナホシテントウが,これまた一斉に羽化していたのです。まさに脱皮したばかりで,羽の色が薄く,蛹の抜け殻の側でジッとしている個体を何匹も見つけました。こんな時間に羽化するとは,意外な発見です。セミなどからの類推で,てっきり明け方にするものだと思いこんでいましたから。

2006/03/17 渡名喜村西底原

|

« 人間の手では触れられない | トップページ | なんだか だらしない姿 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9238734

この記事へのトラックバック一覧です: 更に一皮:

« 人間の手では触れられない | トップページ | なんだか だらしない姿 »