« 一瞬のチャンス | トップページ | 更に一皮 »

人間の手では触れられない

ゴマフリドクガ
ふと覗いた植え升の中,黄色い蛾がとまっていました。毛むくじゃらの体がおもしろく思えたので,そこを強調するような角度で撮影してみました。後から図鑑で調べてみると,どうやらドクガの仲間のようです。悪戯して手を出さなくてよかった,と安心しました。

いつもお世話になっている【みんなで作る日本産蛾類図鑑V2】によると,ゴマフリドクガのようです。ややゴマが少ないようにも見えるので,疑問符付きの同定ですが。

図鑑の記述によると,総てのドクガ科成虫が毒を持っているということではないようなのですが,この種は「刺す」と,そのものズバリの表現で書かれていました。本当によかった,と一安心です。

2006/03/03 渡名喜村西底原

|

« 一瞬のチャンス | トップページ | 更に一皮 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9146312

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の手では触れられない:

» ~~~~ [SeaStar's Photolog]
幼い頃から身に付いたイメージというのは,なかなか払拭されないもので,そこから外れたものに出会ったときには驚きと新鮮な感動があります。 最近よく見るようになった [続きを読む]

受信: 2006.06.22 13:31

« 一瞬のチャンス | トップページ | 更に一皮 »