« 一皮剥けて | トップページ | 人間の手では触れられない »

一瞬のチャンス

オキナワコアオハナムグリ
このPhotologに載せている写真には,その陰に膨大な没ショットがあります。「数打ちゃ当たる」方式で撮影しているから,当然といえるのですが,小さな被写体が風に揺れているときなどは,撮影枚数も多くなってしまいます。そうして撮影されたものの中から,選び抜いてレタッチしたものを掲載するようにしています。

ところが,中にはたった1カットしか撮影できないこともあります。この写真もその一つ。モゾモゾと動く姿にレンズを向けて,レリーズしたところで,飛んでいってしまいました。頭部が影になっていたので,少しでもよい角度から撮ろうと,直近でカメラを動かしたのがいけなかったようです。

この虫はオキナワコアオハナムグリ。オオシマアオハナムグリとよく似ていますが,一回り小さくて,体表に光沢が無いことから,すぐに見たことのない種類だとわかりました。前胸部を縁取るように白線があることも特徴のようです。

もう少しゆっくり,じっくりと撮影できればなぁと思います。できれば,手にとって観察もしたかった。次の出会いに期待したいと思います。

2006/03/05 渡名喜村シュガー

|

« 一皮剥けて | トップページ | 人間の手では触れられない »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/9130533

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬のチャンス:

» 時は巡り,また春が来て [SeaStar's Photolog]
春分の日に引き続き,この日も穏やかなうりずんの陽気。昼休みにちょっと足を伸ばして,里の宮へ登ってみました。 登り始めてすぐのところ,シャリンバイが満開になって [続きを読む]

受信: 2007.03.23 13:02

« 一皮剥けて | トップページ | 人間の手では触れられない »