« 春を告げる香り | トップページ | なかなか外に出てきてくれない »

春先の金星

タテスジヒメジンガサハムシ
この週末は春らしい穏やかの陽気が続き,野草だけでなく虫たちの活動も本格化してきたようです。あちらこちらで,これまで見かけなかった姿を目にします。

毎日通る畑に植えられたサツマイモの葉に,小さな穴がたくさんあいていました。そぅーっと葉を裏返してみると,いました,いました。日の光を受けてキラキラと輝く緑色。大きさは5mmほどですが,姿形はコガタカメノコハムシにそっくりです。

この昆虫はタテスジヒメジンガサハムシ。図鑑には4月頃に現れると書かれていますが,渡名喜ではもう活発に活動しているようです。写真は交尾しているところでしょうね。ご覧のように,U字型紋の色に2つの型があるようです。けれども,それが雌雄の性差なのかどうかは不明です。サツマイモの他にもハマヒルガオでも見られると書かれています。探せば,島のあちこちで見つかりそうです。

2006/03/05 渡名喜村西底原

|

« 春を告げる香り | トップページ | なかなか外に出てきてくれない »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8971685

この記事へのトラックバック一覧です: 春先の金星:

« 春を告げる香り | トップページ | なかなか外に出てきてくれない »