« トウダイちがい | トップページ | ゴマ⇒シソ⇒ハッカ »

正月準備

初砂
お正月の準備の話を載せるのは,月遅れのような気もしますが,渡名喜島では旧正月の方が盛んですので,この時期になるのです。

写真は旧正月前日のある家のようす。どこが準備なのかというと,門柱の元に積まれた砂なのです。これを「初砂」というそうです。

毎度お世話になっている渡名喜村史には,トゥシヌユルー(大晦日)の記述に

その日は屋敷内の掃除をして浜から白い砂(初砂)を運んできて屋敷内や周りの道路にも真白くなるまでまく。浜の砂は正常なもので汚れを落とすものだという信仰による。
とあります。確かに混ざりものが無くて,小さく粒の揃った美しい砂でした。

2006/01/28 渡名喜村集落内

|

« トウダイちがい | トップページ | ゴマ⇒シソ⇒ハッカ »

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

51_人々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8451681

この記事へのトラックバック一覧です: 正月準備:

» 準備万端 明日は正月 [SeaStar's Photolog]
年末を迎えて,集落内の家々は大掃除など正月準備に余念がない様子です。 って,昨年も紹介したように島では旧暦でお正月を祝うのです。その一つが「初砂」。今年はどこで [続きを読む]

受信: 2007.02.17 07:30

« トウダイちがい | トップページ | ゴマ⇒シソ⇒ハッカ »