« 逃げ出してきた…のカナ? | トップページ | 5枚の花びら »

「モグラ・コオロギ」と呼ばないのは?

ケラ
パッと見ただけですぐにそれとわかるこの姿形。おなじみケラです。と書いたところで,はたと手が止まる。近頃の都会生活者にとっては,身近な昆虫とは言えなくなっているのかな?

で,こちら渡名喜島。畑仕事や草刈りの時など,結構簡単に観察することができます。ところが撮影は難しい。素早く動き回って,なかなかジッとしてくれないのです。といっても,元々,地中生活者ですから,明るい地上では落ち着かないのでしょうが。今回は,既に死んでいたので落ち着いて撮影できました。

ところで,学名を確かめたりするために(手持ちの資料がちょっと古いので)ネットで検索してみると,種小名の違うものがいろいろ。迷っていたら,こちらのサイトにこんな記事が。Gryllotalpa sp.ということで,分類が確定していないのですね。ここでは,手持ちのリストに従ってGryllotalpa fossor としておきます。

この属名ですが,こちらのサイト(英文)によると,gryllusはコオロギ,talpaはモグラということで,英名の“mole cricket”の直訳です。一方,日本語では独立した「ケラ」。それだけ身近な存在だったのでしょうね。

2006/02/20 渡名喜村集落内の空き地

|

« 逃げ出してきた…のカナ? | トップページ | 5枚の花びら »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8771262

この記事へのトラックバック一覧です: 「モグラ・コオロギ」と呼ばないのは?:

« 逃げ出してきた…のカナ? | トップページ | 5枚の花びら »