« 踏みつけられても,また立ち上がる | トップページ | 「モグラ・コオロギ」と呼ばないのは? »

逃げ出してきた…のカナ?

カラシナ ほぼ一月ぶりに林道へ。けれども,出発の時点で既に午後4時。いくら日が延びたとはいえ,もう日が傾きかけていました。林道の法面で見つけたこの花も,光が充分に当たっていなくて,ちょっと色がくすんで写ってしまいました。

この花は…種名は不明。カラシナに近いものだと思うのですが。県内では,カラシナの改良品種のシマナが広く栽培されています。集落の畑でもよく見られます。けれども,ここは集落からは遠く離れた山の中。畑仕事に行く車が通るようなところではありません。


アブラナ科の野草に該当するものが無さそうですので,暫定的にカラシナとしておきますが,もしも栽培品種だとしたら,どんな手段で島内の分布を広げたのでしょう。そこかしこで見られたので,気になるところです。

2006/02/05 渡名喜村渡名喜林道

|

« 踏みつけられても,また立ち上がる | トップページ | 「モグラ・コオロギ」と呼ばないのは? »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8760240

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ出してきた…のカナ?:

» 葉っぱも花も 見た目だけ [SeaStar's Photolog]
前線の進行が遅れたためか,この日は一日穏やかな天気。午後からは雲も切れて,夏を感じる日差しでした。 で,再び訪れた島尻毛の南海岸。春を迎えて,どんな花が咲いて [続きを読む]

受信: 2006.03.01 14:05

» 年長さんは逃げ足が速い [SeaStar's Photolog]
以前,成虫を撮影した集落内の畑。シマナは花が終わった頃,全部引き抜かれて積んでありました。普段は,朝晩しか通らないので気付かなかったのですが,この枯れ草に,そ [続きを読む]

受信: 2006.04.22 19:51

« 踏みつけられても,また立ち上がる | トップページ | 「モグラ・コオロギ」と呼ばないのは? »